留学で気をつけるポイントとは

日常会話程度でいいから英語を話せるようになりたい。そう思って語学留学へ行ってきました。最初は本当はハワイ留学が夢だったのですが、ちょっと費用が高そうだったのでオーストラリアにしました。
まず、ワーキングホリデーか学生ビザかで迷いましたが、語学を中心に学びたい私は学生ビザを選びました。ワーホリビザは簡単に取得できますが、学校へ通える期間が4ヶ月までと決まっているからです。私は半年通ってちょうど良かったと思っています。高いモチベーションを維持できる自信がある人はもっと長くいればより良いかと思いますが、半年も経つと途中で少しはモチベーションが下がるものなので、半年くらいでちょうど良いと思います。逆に1年以上いる人のほとんどはやる気があまりないようにも見受けられました。最初のレベルが低くても、英語を使う努力をしてる人はどんどんスピーキングが上達しますので、半年間の留学でも日常会話に支障がないくらいにはなります。
私は留学先に人気のシドニーを選びましたが、日本人がかなり多いです。海外経験がない人には留学の入門編という感じでいいかと思いますが、英語の基礎がないと低いレベルのクラスに入れられて、学校に来ると日本人に囲まれるおそれがあるので、それも知っておくといいかもしれません。せっかく留学しても日本人とばかり交流していてはもったいないですし、現にそういう日本人がとても多いのも残念なところだと思います。
また、オーストラリアは訛りがひどいと言われますが、基本はイギリス英語です。実際それほど訛りのすごいオージーに出会うこと自体少ないので、訛りが移ることもないです。それより、日本人が学んできたアメリカ英語からイギリス英語へシフトする感覚のほうが強いです。最初は戸惑うこともあると思いますが、それでも半年も立てば慣れてきて、意思疎通ができるようにはなるはずです。
夏のシドニーはビーチに公共のバーベキュー施設があるので、クラスの友達とバーベキューするなどの醍醐味もあるので、楽しくわいわいしたい人にはシドニーがオススメだと思います。ぜひあなたも留学生活を楽しんでみて欲しいと思います。

PR
相互リンク|ライブチャット|驚愕頭部|スマホアフィリエイト|ライブチャット|PagerankExplore|心の童話|女性の人生|MY2-Link|ショッピングカート設置|経営に悩む人の問題解決協会|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加